忍者ブログ

ヤンファ

語りの芸能に

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

語りの芸能に



聞き手の笑いを誘う滑稽な詞(ことば)を早口に語る芸。
昭和の時代までは、
寄席の芸として生きていたようだが、いつの間にか廃れてしまった。

もともとは、室町時代頃からあったらしく、
琵琶法師が語る「平家物語」などの平曲の合間に
なごませる芸として小法師などの盲人が語ったとされる。

語る内容としては、
合戦ものや数えものなどがあり、言葉で時代を皮肉ったりと
滑稽な語りを基本としていた。

たとえば、
「一夜作りの辛酒。三年作りの甘酒。朱鷺の黒羽根、鴉の白羽根、、」
のような、あるはずのないものを挙げたりするような
ナンセンスな言葉の羅列や、発音しにくい
「鴨がコメ噛む、小鴨が小ゴメ噛む」といった言葉を淀みなく早口でまくしたてる。


映像の齣の早送りなどを見ると、つい笑いが起こるように、
同じネタでも、
早口でテンポ良くしゃべると感性を刺激して笑いを誘うという。
漫才師なども相対的に早口。
その早さが、笑いを生み出すと言えそうだ。

早さと言えば、
世界の国家元首は、最低でも4年の任期はあったりするが、
どうも日本の首相は、短い間にコロコロ変わる。

登場してもリズムを持った語りもなく、
大抵は何がしたいのか分からない答弁で、たいした成果もなく降壇となる。
これが、日本の首相の姿。

何ともリズムが悪いが、消え去るテンポは早い。
早さがあっても笑えない。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R