忍者ブログ

ヤンファ

ことを過ぎ去って立ちこめていて

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ことを過ぎ去って立ちこめていて

こっそりと歳月の容貌の顏にやせ衰えさせます;花は開花して落ちて、年輪を散歩して、静かに星の黒髪に真白さを変えさせる。薄い墨痕は、歳月内の年月を漂白染色していて、時間に重い美貌にぶらぶら歩かせて、以前季節を開く温かさを使うことを忘れて、浅い文字で、光陰内のものを書いている風の昔の事1のように、年輪に転倒することに暗く清幽になることから続かせる。

水流の年に似て、指先は軽く落ちて、瀟洒に舞っている生活した洒脱は、1個のように婷の蝶を招聘して、以前花葉を止め止んで、以前開を使うと期待して、卻は四季更迭中の寒の冬の凜を軽視して冷たくて、そこで蝶の翼は昔の事1に凍えられて、以前この春内落下心情にこれこれ以上探し帰ることができないと考える。

歳月が水滴に似て指先にあって、以前一過性の日月星辰のように、卻は美しくその芳香の華を止めています。投影的に以前いくつかの色が混ざり合っていた気持ちは、1の発光現象の影をまいて、一心に悲しくなっておいて、明瞭な記憶に、ただ物を残すことはない行き来がまだ片側不休のは年を経過した健気さを複製していて、同じくらいまた現在の不休のを執っていて削除することをして、ときとしてまだ次第に遠いことを、昨日、選択可能にノリ付けができる未来に次第に近い。

間に水を超えての歳月は気にとめることを巻く、墨跡に似ることはカラスを塗って歳月の流れ去ることを著して、あれをして年のあれらの元のままな事種類のいきさつはわずかで、淒の美しいものを集め上げてぼんやりしていて、知らず知らずのうちに精神の目をごまかして、以前1度譲る理知的禁固は思想は、心がずっと耽溺して冷淡な徘徊にあるようにさせる。

掬の1すくいは水の歳月に似て、軽く散布する経過をまく時のものはその1であり花が落ちて、身をかがめることはみずから降下煤塵の泥を使う芳しさを接吻して、1種は生命実質のものから来てすがすがしく意外にも鼻をつき来て、軽いもの、浅いもの、薄いもの、静かなものは、深く心にしみ込んだ香は、ゆっくりと記憶した曲折を平らにしていることを撫でて、静かに以前ものを繊維をすいていてごたごたして、こっそり半端に行き来する憂を煩わすことへ行って、生命の花香は半端に時間内に置いて、ゆっくりナメルは指先が落ちて、薄く気にとめる間が落ちて、だんだん全体の歳月に充満して、従容として指先上の歳月を通り越して、芳しかったその未来に全体の!
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R