忍者ブログ

ヤンファ

かイトをていた

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

かイトをていた

帰り道にやっと発见して、父親の耳の一部を背负ったのだ。小声で话すのは全く闻かなかったという点は、非常には見えた。父はすでに70年を超えて、私の心の中はまた彼はいまだ壮年。白髪頭のされれば生活染めた煙を切々と涼

気が著生活した跡があった。私は急いで拭きとった目の涙の跡が、恐怖の父親が见れて、笑って私の女になった。

忙しい中と妻の母親は、料理を満面に笑みを浮かべてきたというのに、しわは深まったいくらか、母も年を取った。心の中です!不老ことができるだろうか。彼らの末っ子の息子が終わり、中年だ。両親は迷惑をかけないために子供

の家で飼ってた十数匹の羊があって、また一売店に加え、父親の年金を日々は比較的安逸に,とても忙しい、両親はを楽しんでいる。

時には町10代の若者店の买い物をして、私は総会よせやい、母と、どこの家の息子は、どこの家の娘になりました。母親を紹介して、心の中は驚きましたが、何とかさんの子供がこれほど啦!その句を思い出した、「児童会うこと知

らないまま笑って訊いてきた客はどこから出て来る」と話した。感慨著/青春ってもうました!

自分と同じ年頃の间柄にアルバイトをしていたが、外食、男児が外国に行くと、女の子になる。村の中には、あの子供さんだ。子供のにぎやかな村はなくなって、がこのように静かで、静かな闻こえます楊花(ヤンファ飘击坠の声が

して、静かなたで東風耳障りな!

立ち去る時、わざわざ近所の人にに対して莹の妹の家の顔を見つめた、荒廃した垣根で取り囲まれているを崩壊された部屋だった。家族はすでに遠移転しなければならない。昔の庭園であり、すでに荒廃が缕缕の风の中だった。1ヵ

所だけが門前に数m幅の池はあいかわらず、塘边の何株桃の花がまだ残っているのは、花びらに池でって探してのかつての团。池の中の空に浮いて、例えば一片彩云を探検し、著ところであろう。

恐れず送別に固執して、母の送って、丘の上で感じだあの道を步いてきたから、足取りみたいに引っかかっていた。发软の心の中を歩いてこれまで道を無数に通り過ぎ、入隊し、仕事、勉強も経なければならない;今振り返ってみる

と、わずか1段の道を误った数十年、道に残したまま、深い履痕仕方の後を追った。

振り返りを见て、その白杨林が風に吹かれるのなら、「(点々は离人楊花(ヤンファ、涙」だった。

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R